Home  ソリューション  >  Office365のパフォーマンス改善

Office365導入後の課題

Office365は、非常に優れたオフィススイートのプラットフォームである一方、利用企業はネットワークのパフォーマンスの問題により、その生産性をフル活用できていないケースが少なくありません。Office365のパフォーマンスの問題は、特に中国、インド、中東等の地域で発生しており、利用者は高いストレスの中でアプリケーションを使用しています。インターネット利用における遅延や混雑、頻繁に発生するパケットロスの影響は、企業の生産性に大きな影響を与え続けています。

どのように解決するか

Aryakaの高速化/最適化されたOffice365へのアクセスは、安定性に優れた専門のコア・ネットワークを介して行われます。コア・ネットワークはグローバルに展開されたPOPs(points of presence)を基盤として構成され、それぞれのPOPsで、圧縮、TCPオプティマイゼーションといった高速化技術が動作し、Office365へのアクセスを快適なものにします。

Aryakaを導入することにより、Office365による回線の利用帯域幅を最大99.5%まで削減し、ダウンロード速度を最大40倍まで高速化することができます。

Office365パフォーマンス改善イメージ01

Office365のパフォーマンスに課題を持つお客様には、クラウドサービスとの接続において低レイテンシとパケットロスの改善を実現する、Aryakaの Smart Connect をご提案させていただきます。

検証結果

以下の検証は、2Mbpsの接続帯域幅で、SharePointを介して28MBのファイルを転送した場合の結果です。

※効果はお客様の環境によって異なりますのでご注意ください

Office365パフォーマンス改善イメージ01

Office365高速化事例ホワイトペーパー

Office365のパフォーマンスに課題を感じていた企業が、Office365高速化ソリューションの導入により、パフォーマンスの改善と生産性が向上した事例をご紹介します。ホワイトペーパーについては下記リンクより必要事項をご入力の上ダウンロードください。

Office365高速化事例ホワイトペーパーはこちら


 

Aryaka社ロゴ

Aryakaは、従来のWANソリューションが抱えていた品質とコストの問題を解決した、世界初のクラウド型WANサービスを提供しています。