Home  ソリューション  >  DDoS攻撃の対策

セキュリティ投資の拡大

増え続けるサイバー攻撃により、サーバダウンやWebサイトの改ざん、顧客情報の流出などの被害が多く発生しています。企業はセキュリティ対策への投資を増やしており、その規模は年々拡大しています。

サイバーセキュリティ市場規模推移・予測グラフ

インシデント発生時の被害額

セキュリティインシデントによる年間被害総額グラフ

 

サイバー攻撃などによりインシデントが発生した場合の被害総額は、34.5%の企業で1,000万円以上で、全体の最低でも75%の企業はなにかしらの金銭的被害が発生しています。

さらに企業やブランドイメージも低下し、将来の業績に対しても多大な影響を及ぼす恐れがあります。

サイバー攻撃の傾向と対策

Webサイトに大量のリクエストを送りこみ、サーバやネットワークを高負荷状態にするDDoS攻撃は増加の一途をたどり、Webサイトがダウンするケースも多く発生しています。

さらに年々DDos攻撃の規模も増加しており、攻撃のトラフィックも数百Gbpsに達しています。

DDoS攻撃への対策として、FWやIPSなどで攻撃を防ぐ方法がありますが、数百Gbpsのような回線の契約帯域を超える規模のDDoS攻撃を受けた場合、防ぐことはできません。

また、Webアプリケーションの脆弱性を狙った攻撃による情報漏えいやサイト改ざんも頻繁に発生しております。脆弱性を修正すれば対策は取れますが、脆弱性を発見する手間もかかり修正の期間だけで数週間から数ヶ月に及ぶため、人的リソースやコストが多くかかってしまいます。

セキュリティソリューション

・Cloud WAF

Webサイトの脆弱性を狙った攻撃を防ぎ、情報漏えいやサイト改ざんなどから企業のWebサイトを守ります。

 

・Dynamic Site Delivery

大規模のトラフィックに耐えうるインフラを用意しなくても、世界中に分散配置されたCDNサーバが大量のアクセスからお客様のWebサーバを防御します。

 

・DDoS攻撃防御

インターネット回線を飽和させるような大規模なDDoS攻撃に対して、スクラビングセンターにて不正なトラフィックを軽減し、お客様のWebサービスの停止を防ぎます。

 

・DNSセキュリティ

DNSを冗長化することで、DNSに障害が発生した場合でも、Webサイトが閲覧できる状態を保ちます。