Home > 導入事例 > 大手ホテルチェーン

ホテルチェーン導入事例_02

国内および海外に多数のホテルを展開している某大手ホテルチェーン様(以下、某ホテルチェーン)盛り上がりをみせるインバウンドに対して、英語サイトのリニューアルや各種プロモーション活動により集客を成功させ、着々とホテル数と売上をのばしている。

導入前の課題

・海外ユーザーのパフォーマンス低下を懸念
・パフォーマンスを気にしたサイトデザインの制限

選定ポイント

・Akamai独自のルーティング機能がある
・海外配信における実績
・大手ホテルで20社中19社が利用している実績

 

導入後の効果

・海外ユーザーのパフォーマンス改善
・回遊率、滞在時間、離脱率が改善
・リッチメディアの利用ができるようになった

 

Akamai導入前の状況と課題

2012年以降、日本を訪れる外国人の数は増加し続けており、2020年には東京五輪の開催があるため、さらなる訪日外国人の増加が見込まれている。旅館やホテルなどの宿泊施設はこのインバウンド需要にこたえるために、ホテルのリニューアルや新設など様々な取り組みをおこなっている。某ホテルチェーンにおいても海外からの訪日客を集客するために、英語サイトのリニューアルや宿泊プランの訴求の強化、SNSの積極的な活用、海外の潜在層に対しての広告出稿などで非常に高い集客効果を得ていた。しかし宿泊プランの訴求に多くのキャンペーンページの追加をおこなったことやWebサイトへのアクセス数の増加にともなって、海外ユーザーに対するページの表示速度が懸念された。ユーザーはWebサイトのデザインや利用のしやすさといった体験を、実際に宿泊する際のホテルのサービス品質と結びつけて判断するため、「パフォーマンスが悪い=サービス品質が悪い」というネガティブイメージを与える恐れもあった。

Akamaiを選択した理由

某ホテルチェーンではWebサイトの運用について常に情報収集をおこなっており、以前からAkamaiの存在は知っていた。
検討を開始した当初から海外ユーザーに対するパフォーマンス改善方法はCDNと考えていたが、ランニングコストをできるだけ抑える必要があった。そのため、Akamai以外にも特にランニングコスト面でメリットがある他社CDNベンダーも比較検討の土台にあがっていた。それにもかかわらずAkamaiを某ホテルチェーンはなぜ選択したのだろうか。
その理由はインターネット内部の問題を回避して配信パフォーマンスの向上・配信の安定化を実現するためのAkamai独自の機能と海外向けサイトの表示速度の改善を考えている企業の多くがAkamaiを利用しており、大手ホテルでは20 社中19社が利用しているという実績にあった。さらには某ホテルチェーンの事情にあわせた営業の柔軟な対応も決定のポイントとなった。

Akamai導入後の効果

台湾や香港、韓国、中国、アメリカなど海外からアクセスしてくるユーザーの回遊率、滞在時間、離脱率などが改善。
今まではキャンペーンページや各ページもパフォーマンスを気にしてリッチにできなかった部分があったが、Akamaiを利用することでサイトデザインの引き出しが増え、視覚的にユーザーによりアピールできるようになった。
さらに担当者によると「導入当初、本当に海外からのパフォーマンスが改善されたか実験するために、台湾のPCからオリジンサーバとAkamaiサーバへアクセスしましたが、その差は歴然でした」とのこと。

某ホテルチェーンが導入したサービスについて

動的ページなどの配信パフォーマンスを向上すると同時に、高いセキュリティやスケーラビリティを提供するサービスで、以下の仕組みによりグローバルはもちろん、国内向けであっても高速で安定した配信を実現する。

 

・ダイナミックマッピング

ユーザーが利用したローカルDNSの位置情報から、ユーザーに最適なAkamaiサーバを割り当てる。

 

・ルートの最適化

通常、Akamaiサーバがオリジンサーバと接触した際にBGP(Border Gateway Protocol)により取得したルート(直行ルート)が使われるが、それに代わりリアルタイムのパフォーマンス測定値に基づいて輻輳したオリジンサーバへの代替ルートにアクセスが行われる。

 

・TCPコネクションの最適化

Akamaiサーバ・オリジンサーバ間、Akamaiサーバ・エンドユーザ間の通信パラメータを最適化することにより、通信速度の向上を図る。

 

・プリフェッチ

ユーザーがリクエストした動的ページやHTMLページがAkamaiサーバに到達すると、Akamaiサーバはコンテンツをユーザーに返却すると同時に解析を開始し、画像やページの読込みと表示にかかる時間をさらに最小化。

 

・セキュリティの向上

SSLでのコンテンツ配信に対応。また、認証で許可されたユーザーにのみコンテンツを配信することも可能。

 

・Webキャッシュ

キャッシュ可能なオブジェクトは、Akamaiサーバ上にキャッシュ。Akamaiサーバはキャッシュからオブジェクトを配信するため、レスポンスの向上とオリジンサーバの負荷軽減を実現。